イオンラウンジを利用するための条件は?同伴者は何名まで入室できる

イオンラウンジを利用するための条件は?同伴者は何名まで入室できる

猫がソファでくつろぐ生活
この記事は約7分で読めます。

イオンラウンジってご存じでしょうか?
イオンラウンジってイオンのゴールド会員の方向けの無料で利用できるラウンジのことです。


私はつい先日イオンラウンジの存在を知りました。
空港のラウンジは知っていましたが、イオンにそんなところがあるなんて‼


ラウンジって聞くとゴールド会員専用の空港ラウンジのことだと思っていましたが
買い物の途中でふらっと立ち寄ってお茶やコーヒーを飲みながら休憩できるそんな無料のスペースがイオンの中にあるんですね。

 

イオンラウンジとは

そんな便利なラウンジですが、誰でも利用できるわけではないんです。以下のカードが必要となります。

イオンラウンジで受けられるサービス

イオンモールやイオンタウンには条件を満たしていれば、

無料で利用できる会員専用ラウンジがあります。コーヒー

ラウンジでは、お茶やちょっとしたお菓子などが無料で頂けるので、買い物途中にカフェ変わりに利用するのにちょうどいい感じです。

しかも、土日は少し込みますが、平日だと空いていることもあって穴場なスポットです。

イオンの中の目立たない場所にあるので存在を知らない方もいるのでは?

私も、無料ラウンジを知ったのはついこないだでしたし・・・

クレジットカードで使えるラウンジと聞くと空港のラウンジのように敷居の高さを感じますが、イオンのラウンジは全くそんなことはなく、資格さえあれば誰でも利用できるアットホームな感じのラウンジです。

アットホームと言っても、時間帯によって家族連れが多いいのでそんな印象を受けますが、普段は空いていて、座席と座席の感覚も広くとっているので、ゆったりした気分を味わえます。

 

イオンラウンジのサービス一覧
・ドリンクの無料サービス(お茶・ジュース・コーヒーなど)
・お菓子の無料サービス
・新聞雑誌の閲覧サービス

利用時間 

ラウンジの利用時間は各店舗により違いますが、10:30~19:00の間で地域によっては10:00~18:30というところもあるようです。時計

利用制限時間は30分となっています。そんなに長くは利用できないんですね。

でも、買い物途中でちょっと休憩したいときとか、そのくらいの時間で十分ではないでしょうか?

待ち時間はあるの?

平日はあまり混雑することはないですが、土日・祝日は混み合うようです。場所によっては行列ができるほど。

ゆっくり利用したいなら、平日のお買い物時に利用する方がいいかもしれませんね。

同伴者は3人まで利用できます

カード保持者の同伴者は3人まで認められていますので、お友達やご家族とラウンジに行ってお茶したいときなど、自分のカードでお友達の分まで入室できるので使い勝手がいいです
空港ラウンジの場合だと、1名まで無料というのもありますが、同伴者は別途料金がかかる場合があります。そんな場合、自分は利用したいんだけど、相手の分まで料金を払ってまでというわけにもいかず、利用しずらくなってしまいます。
 
その点、イオンラウンジは同伴者が3名まで無料となっており、家族・友人との利用でも無料で使えるので、ちょっとカフェに入るほどではない待ち合わせなどにも使えて便利です。

 

ラウンジを利用するための条件は

「イオンゴールドカード」「イオンラウンジ会員証」「株式カード」これらのカードを持っている方が利用できるようになっています。

イオンゴールドカード

イオンラウンジを利用するには最も一般的な方法としてする「イオンゴールドカード」の取得があります。

ゴールドカードと聞くと、年会費がかかってちょっと…と思われる方、

イオンのゴールドカードは年会費がかからないんです。

イオンのゴールドカードは取得方法がちょっと特殊でして、インビテーションといってカード会社からある条件を満たすと「ゴールドカードになりませんか?」とお誘いがきて初めて作れるカードなんです。

そのある条件とは、
①直近一年間の利用額が100万円以上(公式サイトに記載)
②他の一定の条件を満たしたお客様…(累計500万円以上の利用額)

1年間で100万円というと、ハードルが高そうですが、日常の支払い(光熱費・携帯代・スーパーでの買い物)をイオンカードを使ってすれば、そう難しくもないかもしれませんね。

そこがイオンとしても狙い立ったりして?とふと思いますが・・・よく考えられています。

ちなみに、イオンカードから(一般カード)インビテーションによりゴールドカードへの切り替えが可能なカードは以下の3つです。

・イオンカード
・イオンカード(WAON一体型)
・イオンカードセレクト

注意:イオンカードセレクト(ミニオンズ)にはゴールドカードはないので入会するときには気を付けて下さい。

イオンラウンジ会員証

他にはどんな方法があるでしょうか?

「イオンラウンジ会員証」というのを取得することによりラウンジを利用することが可能になります。

取得方法はイオン各店の直営売り場で年間40万円以上のカード利用がある人が対象です。

気を付けなければいけないのは、イオン直営店での買い物が40万円以上というところです。

テナントでの買い物出ないので間違わないようにしてくださいね。

イオン銀行に定期預金残高が500万円以上ある人

 

イオンオーナーズカード

イオンオーナーズカード・・・イオンの株式保有者のことです。
イオン(東証1部 8267)の株式を100株以上持っている人

お客さま株主カード・・・
イオン北海道(東証1部 7512)の株式を500株以上持っている人
イオン九州(東証1部 2653)の株式を100株以上持っている人

上記のどちらか保有している株主は「お客さま株主カード」が発行されます。

イオンの株主優待の一つであるラウンジ利用は今後継続されるかは分かりません。

というのも、2019年5月の株主総会で、社長の岡田氏は
「イオンラウンジ混雑解消の為、株主優待のイオンラウンジ特典を廃止するかも」

というような趣旨の発言をしているとのことで、今後はどうなるかわかりません。

あくまで可能性であって、決定事項ではありませんが、もしかしたら株主優待のラウンジ利用はできなくなるかもしれませんね。

イオンゴールドカードのメリット

一度ゴールド保持者になれば毎年の利用額に関わらず、
ずっと保有していられる太っ腹なカードです。

カード利用が少なくなっても一般カードに降格などありません。

一般的なゴールドカードに比べると年会費が無料で、しかも一度取得すれば永年(利用額に関わらず)ゴールド保持者です。

その上無料でラウンジが利用できるなんて、一枚持ってても損はないと思わせるカードですね。あと、イオンゴールドカードを持っていれば、無料で家族カードも発行可能です。

【イオンゴールドカードのメリット】

海外旅行障害保険が利用付帯(最高5,000万円)
ショッピング保険が年間300万円まで付く。
イオンラウンジサービスを受けられる。
空港でラウンジサービスを受けられる。

空港のラウンジも利用できるんですね。海外旅行傷害保険の利用付帯もつくので、海外に出張や旅行でよく行く人も持ってて損はないカードです。

利用できる空港は2019年4月時点で全国6か所です。
羽田空港・成田空港・新千歳空港・伊丹空港(大阪国際空港)・福岡空港・那覇空港

 

ラウンジの利用方法

1 ラウンジの入口のカウンタで、カードを提示します。
  (一枚の提示で最大4人まで利用できます)


2 お菓子を二個もらって、ラウンジ内に入ります
  空いているときはお好きな席に座れますが、土日祝日で混んでいる場合は、
  空いた席に座ることになります。


3 飲み物は自分で取りに行き、後片付けも自分で片づけます。

 

ドリンクの種類は、アイス(冷たい飲みもの)で2リットルのペットボトルに入ったコーヒー、野菜ジュースコーラなど ホットではコーヒーなどです。

 

利用は30分以内までです。

ちなみにラウンジは子供の利用も親と同伴ならokです。注意点は飲食物を外から持ち込んでの食事はできないことです。

まとめ

イオンラウンジは、利用するためには「イオンゴールドカード」「イオンラウンジ会員証」「株式カード」で取得可能で、ラウンジ自体無料でサービスを受けられる使い勝手いいものでした。

ラウンジで受けられるサービスは

・ドリンクの無料サービス(お茶・ジュース・コーヒーなど)
・お菓子の無料サービス
・新聞雑誌の閲覧サービス

など、お買い物途中にちょっと利用するには、ちょうどいい感じです。

ぜひ機会があれば利用してみたいものです。

 

タイトルとURLをコピーしました