40代の女性の筋肉の衰え方~自転車にも漕げなくなる?~

40代の女性の筋肉の衰え方~自転車にも漕げなくなる?~

自転車を漕ぐ人健康
この記事は約4分で読めます。

40代にもなるとあちこちに身体の老化を感じてきます。でもまだまだ体力のある年齢ですから、老化と言っても疲れやすくなるとか、徹夜がしんどいとかぐらいな緩やかなものではないでしょうか?

ですが、先日職場の同僚と話していて、自転車を漕げなくなったと、言っていたのを聞いてびっくりしてしまいました。まだ40代前半ですがそんなことあるのでしょうか?

自転車に焦げなくなったって?

運動しないと筋肉は衰える

先日、職場の同僚Yさんと話していて、驚いたことがありました。
私と同じ40代の女性なんですが、自転車を焦げなくなったと言うのです

???ジテンシャをコゲナイ???えっ?

聞けば、「ペダルを漕ぐ足の力がなくて・・・」とか、言うのです。

えーーーー?って感じでした。
だって、商店街で見る50代60代のおばちゃんたちは買い物にママチャリを
乗り回しているじゃないですか?

そんな、おばちゃんたちでも乗れる(失礼)ママチャリを乗れなくなって
手で押して自転車を引きながら歩いたそうです。

にわかには信じがたいことです。

なので、ネットでそんな人いないか調べてみました。
某お悩み解決サイトで、
いました!!自転車に乗れなくなった人。

Yさんが言っているのと同じようなことが書かれていて、びっくりです。

と同時に、自分は乗れるのかと疑問がわいてきました。
いや、心配にも似た感情…。そういう自分は30年近くも自転車に乗ってないんです。

なので、家に自転車がない私は、レンタル自転車を探し、乗りに行ってみることに。
その同僚にも、自転車に乗ってくることを伝え、
私は乗れる自信があると胸を張って言ってきました。(言ってしまった)

果たして、同じ世代の私の足の筋力はどんなことになっているのでしょう。

また、後日ご報告を。

ところでYさんなぜ自転車を漕ぐ力が低下したのでしょうか?

Yさんのようにまだ40代なのに自転車を漕げなくなるという人は、成人してから運動する機会がなかったり、車中心の生活で歩く機会すら少なくなると、足の筋肉は衰える一方です。

なので、気が付くと自転車が漕ぎづらい、または乗れないなんてことが起こるのではないでしょうか?

 

自転車に乗るときに使う筋肉

自転車に乗る筋肉ってどこの筋肉を使うのでしょうか?

主な筋肉は3つあります。
①太ももの筋肉・・大腿四頭筋
②お尻の筋肉・・大殿筋
③ふくらはぎの筋肉・・下腿三頭筋(かたいさんとうきんと読みます)

踏み込む力がないということは、一番は太ももの筋肉の低下が原因ではないかと思われます。

太ももの筋肉は、日常生活では階段の上り下りや、いすに座るとき立ち上がる時などに使われる筋肉です。

こういった動作を取り入れないと、衰えていくばかり。
筋トレとしてはスクワットなどが効果的に鍛えられるのでは
ないでしょうか?
スクワットした次の日はここが痛いですもんね。

なので、足の筋肉が衰えてきて、自転車に乗れない!または自転車に乗った次の日は筋肉痛に悩まされる!なんて人はまずスクワットで体を鍛えてから自転車に乗るといいですよね。

そこまでして自転車に乗る必要もないと思いますが・・・でも40代で自転車に乗れなくなるなんて、ショックなので。いやいや自転車に乗れなくなるほど筋肉が衰えてることがショックですよね?

ちなみにママチャリに久しぶりに乗って筋肉痛を少しでも防ぐ方法としては、サドルの設定を自分に合った高さに調節することだそうです。低すぎたり高すぎたりすると使われる筋肉が限定されて、そこばかり酷使されるので、筋肉痛になりやすくなるみたいです

どのくらいの高さがいいかというと、「サドルの高さはペダルが一番下に来た時にやや膝が曲がるくらい」がちょうどよい高さとか。自分で分からない場合は、自転車屋さんに調節してもらうのがおすすめです。日ごろから自転車のメンテナンスなど、安全に乗るために心がけたいことの一つですよね。

タイトルとURLをコピーしました