スマホが膨張した時の原因と対策~バッテリーを劣化させないために~

スマホが膨張した時の原因と対策~バッテリーを劣化させないために~

スマートフォンを持っている人生活
この記事は約4分で読めます。

先日二代前のスマホを、バッテリーの持ちが悪くなったため

放置していたら、驚くべき光景を目の当たりにしてしまいました。

スマホが膨張していました。

 

そう、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、

スマホって膨張するんです。

 

すぐに、ネットで「スマホ 膨張」

と検索してみると、膨張しているスマホの情報がありました。

長く使っていると普通にあるみたいですね。

(稀なことかと思った)

ちなみに、私の膨張したスマホはiPhone5c

一度もバッテリー交換をしたことのないものでした。

5年間(サブ機として)使っていました。

 

今回はスマホの膨張について、

「膨張する原因と対策」についてご紹介します。

 

スマホが膨張する⁉

スマホに使われているリチウム電池

スマホに使われているのはリチウム電池と言われるものです。

リチウム電池のメリットは

・軽くて小さく・・・スマホなどのバッテリーとしては最適

寿命が長い

 

リチウム電池のデメリット

・温度変化に弱熱いところ寒いところでの使用や放置などによって、寿命が短くなります

 

そして、リチウム電池は長年使用していると、

電解質が酸化を起こしガスを発生させてしまうのです。

 

そうです、このガスがスマホが膨張した原因だったのです

 

また、バッテリーに負荷をかける使い方をしていると

劣化が早くなり、バッテリーの膨張へつながります。

 

 

スマホが膨張するのは、リチウム電池の劣化に伴う現象だったんですね。

そのまま放置していると、

発火の恐れがあるそうです(危ない)

 

こうなる前に、直ちに使用を中止した方が良さそうです。

 

バッテリーの劣化を防ぐ方法

1.過放電を防ぐ…バッテリーが0になるまで使っていませんか?

過放電は劣化を速めてしまいます。

2.過充電を防ぐ…寝る前に充電して朝まで放置ということはないですか?

過充電はバッテリーの劣化につながります。

3.充電しながら操作しない…充電しながらの操作はバッテリーの温度が上がりやすくなり劣化を早めてしまうことになります。

4.夏場熱いところに置かない…高温になるとバッテリーに負荷をかけてしまいますので冷房の使用していない部屋や夏場の車の中は短時間でも気を付けたいです。

5.冬寒いところに置かない…冬の方がバッテリーの減りが早いということはありませんか?リチウム電池は温度変化に弱いので寒いところに長時間放置しない方が良さそうです。

端末に負荷のかかるアプリの使用…アプリを使っているとたまに熱くなってくると気があります。

 

膨張した時の対策

スマホが膨張した時には 以下のことに気を付けて下さい。

1.ただちに使用をやめる・・・当たり前ですね

 

2.ショップに持っていく

・キャリアショップに持っていく

町のスマホ修理店に持っていく

・apple storeに持っていく

費用

 

キャリアショップが5000円~9000円ぐらい(保障に未加入の場合)

appleは保障に入っているか入っていないか

または、無料で交換対応機種かどうかにもよると思います

無料交換機種の場合3400円~

スマホ修理店はキャリアより安いところもありますが、

お店によりけりなので、同じ金額ならキャリアの方が安心かもしれませんね。

 

㊟ 非正規店で修理をするとメーカーやキャリアの保証は無くなるので、注意が必要です。

 

 

バッテリーを長持ちさせる使い方

1.充電容量が残り20%になってから充電する(過放電しない)

2.充電容量が80%になったら充電をやめる(過充電しない)

3.高温・低温状態で使わない

4.アプリなどの使用でスマホが熱くなってきたら直ちに使用をやめて熱を冷ます

などですが、

そういつも、理想的な使い方ってできませんよね?
私もわかっているけどいつもフル充電(100%充電)してしまいます。
気を付けていて、「できるところだけでもする」ぐらいで
いいんじゃないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました