まだ33歳の徳勝龍の家族や結婚はしてるの?

まだ33歳の徳勝龍の家族や結婚はしてるの?

相撲取りスポーツ
この記事は約5分で読めます。

小林先日見事、幕尻優勝を果たした徳勝龍関ですが、優勝インタビューでの飾らない人柄に注目して見ました。

徳勝龍のプロフィール

プロフィール

本名 青木 誠
生年月日 1986年8月22日(33歳)
出身 奈良県奈良市(出生地は高市郡高取町)
身長 181cm 体重 184kg
BMI 56.16
所属部屋 木瀬部屋 → 北の湖部屋 → 木瀬部屋
得意技 突き・押し・寄り 

趣味 ダーツ

あだ名 「まこちゃん」「まこ関」「徳さん」

(略歴)

小学4年生のとき橿原市のけはや道場で相撲を始める

中学からは大阪府岸和田市の右門道場へ通う

高校は相撲の名門校でもある明徳義塾高校に進学。

高校卒業後、近畿大学経営学部進学(学生横綱にはなれなかったが、西日本学生相撲選手権大会、全国大学選抜相撲高知大会で優勝)

大学4年生のときに木瀬部屋に入門

2009年1月場所で初土俵を踏んだ

2011年1月場所から四股名を本名の青木から徳勝龍に改名

四股名の由来

四股名の由来は出身高校の明徳義塾から徳をもらい、近畿大学相撲部で指導を受けた監督の人伊東勝人から勝の一字をもらい徳勝龍と名付けられた。

その伊藤勝人さんは場所中に、55歳の若さで急逝されています。

優勝インタビューで監督のことを聞かれると、涙をにじませながら「監督が見ていてくれたんじゃなくて、一緒に土俵にいて戦ってくれた」と言葉に詰まりながら語っていました。

伊藤監督とは

勝龍関が高知・明徳義塾高で実力者との差を感じ、実業団に進もうと考えていた時にスカウトさしてくれたのが伊藤監督でした。「監督が大学に誘ってくれなかったら今の自分はいない。プロにもなっていなかった」と語っています。
今場所は監督からもらった言葉を胸に刻み、「弱気になるたび監督の顔が思い浮かんでいた」と自分を奮い立たせての初の優勝をつかみとった。

子供の時の逸話

幼稚園では三輪車が壊れるほどの体格だったそうです。

小学4年生の時に相撲を始めたが一度も弱音の吐かない子供だった。

小学校6年生の時には、体重が100㎏もあり、

中学生の時には本格的に相撲に取組み大阪のクラブの練習に行く前にはおやつになんと、チャーハンやラーメンを食べていたとか。

父は元警察官で柔道五段

お父さんの名前は青木順二さん(73)と言います。元警察官で柔道五段の持ち主です。徳勝龍も幼稚園の時から順二さんの指導の下、柔道を始めたそうです。

お母さんのお名前は青木えみ子さん(57)といいます。今場所を両国国技館で観戦していたそうです。えみ子さんは十両転落を心配していて、「けがをしないように、絶対勝ち越して(春場所のある)大阪に帰ってきてほしい」と連絡していたそうです。

お母さんは徳勝龍関が幕尻という幕内最下位だったので、十両に転落してしまうかもしれないと思っていたんですね。まさか、優勝するなんて思っていなかったでしょうからどんなにうれしかったことでしょうね。

奥さんは・・・

徳勝龍関は結婚していらっしゃいます。お名前は知恵さんと言う、一般の方です。

2016年、6月に結婚、2017年に結婚式を挙げています。とてもきれいな方で、徳勝龍のひとめぼれだったといわれています。

出会いは錦糸町のカレー店で知り合ったそうです。店の店長と夫人の知恵さんが仲が良くて、ある日「お店にお相撲さんがきているから見においで」と連絡があり、行ってみるとそこに徳勝龍がいてそれが、出会いだったそうです。

知恵さんの現在もお仕事をされていて、普段は法律事務所で秘書の仕事をされているそうです。

幕尻力士が優勝するってとんでもないこと?

幕尻力士が千秋楽・結びの一番に出場するのは史上初だそうです。

初めて聞く幕尻という言葉ですが、幕尻とは幕内の中でも最下位に位置する前頭17枚目という順位です。過去幕尻力士が優勝したことがありますが、史上2人目だそうです。

この幕尻力士の優勝は2000年春場所の貴闘力が幕尻優勝を果たしています。

今回の優勝で幕尻優勝は史上二人目ですし、

33歳五か月の初優勝は3位の年長記録でした。

(1) 旭天鵬=37歳8カ月(2012年夏場所)モンゴル出身
(2) 玉鷲=34歳2カ月(2019年初場所)モンゴル出身
(3) 徳勝龍=33歳5か月(2020年初場所)奈良県出身 日本人としては、年長記録1位です。

そして、奈良県出身の力士としては1922年の鶴ケ浜以来98年ぶりの優勝となりました。

それから、幕尻の関取が「千秋楽の結びの一番」に登場することは、ほとんどないことだそうです。いくつかの好条件が(横綱が休場してふざいd重なっての優勝だったんですね

優勝インタビューでの飾らない人柄が好印象

小林アナに「改めて国技館の四方を見渡しました。この光景どう見えていますか?」

徳勝龍「自分なんかが優勝していいんでしょうか?」

小林アナ「優勝を意識しましたか」

徳勝龍「意識することなく…ウソです。メッチャ意識してまし(笑)」

ウソですって・・・力士が優勝インタビューで「ウソです」なんていうですね(言わない普通は)

会場はもちろんですが、テレビを見ていた人も意表をついた答えに思わず、笑ってしまった人もいるのではと思われるインタビューでした。

その後、恩師のことを聞かれ

小林アナ「(優勝を決めた一番で)危ないと思った瞬間、後押ししてくれたものはなんでした?」

徳勝龍「場所中に恩師の近畿大学の伊藤監督が亡くなって・・・(涙)監督が見てくれてたんじゃなくて、一緒に土俵で戦ってくれてたようなそんな気がします。」思わずお客さんも、もらい泣きをしている人がいて、ホントに笑いあり、涙ありの人の心を掴むようなインタビューでした。

力士の優勝インタビューというと、いつも硬い内容で、口数少なく威厳を感じさせるものが多いと感じていましたが、今回は幕尻からの優勝でしたので、笑いに包まれ徳勝龍の人柄を感じさせるようなインタビューでとても、見ていて楽しかったのが印象的でした。

来場所以降もまた優勝を目指して、ぜひまた徳勝龍の優勝インタビューを聞きたいものです。

関連記事…徳勝龍の美人妻千絵さんってどんな人

タイトルとURLをコピーしました