桃田賢斗オリンピックまで間に合うか?復帰までの道のり

桃田賢斗オリンピックまで間に合うか?復帰までの道のり

バドミントンのラケットスポーツ
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!

先日記者会見を開き、手術後の状態について語っていた桃田賢斗選手。

今日はオリンピックまでの復帰についてまとめてみたいと思います。

桃田選手オリンピックに間に合うか?

桃田選手が昨年積み重ねてきた実績

桃田選手、復帰戦が5月と言われてますので、1月の事故後試合ができない状態です。

オリンピックの出場権は大丈夫なんでしょうか?

それが、出場に関しては心配することはないみたいです。昨シーズン積み上げてきた貯金(優勝の数)のおかげで、オリンピック出場権に関してはほぼ確定みたいです。

「バドミントンの東京五輪出場権は、直近1年間の成績が反映される4月28日発表の世界ランキングで決まる」そうなんですが

桃田選手は昨シーズン、ハイペースで勝利を重ね、主要国際大会11勝という快挙を果たし、ランキングポイントを大きく積み上げてきました。この時、ほとんどの大会を休まず勝利を手にしたおかげで、オリンピック出場権に関しては、問題ないそうです。

桃田選手、現在世界ランキング1位のポジションにいます。

桃田選手は交通事故により、五輪レース終盤戦に出場できなくなりましたが、それでもなお、他選手が追いつくのは難しいほど、圧倒的の強さを誇っている選手です。また、それだけ昨シーズンは体力の限界まで試合をこなしてきました。

【桃田賢斗の2019年の戦績】

マレーシアマスターズ2019 結果:1回戦
インドネシアマスターズ2019 結果:準優勝
ドイツオープン2019 結果:優勝
全英オープン2019 結果:優勝
マレーシアオープン2019 結果:2回戦
シンガポールオープン2019 結果:優勝
アジア選手権2019 結果:優勝
スディルマンカップ2019/国別対抗戦 結果:銀メダル/男子シングルス3勝1敗
インドネシアオープン2019 結果:2回戦
ジャパンオープン2019 結果:優勝
タイオープン2019 結果:1回戦
世界選手権2019 結果:優勝
中国オープン2019 結果:優勝
韓国オープン2019 結果:優勝
デンマークオープン2019 結果:優勝
フランスオープン2019 結果:ベスト8
福州中国オープン2019 結果:優勝
香港オープン2019 結果:1回戦
全日本総合バドミントン2019 結果:優勝
BWFワールドツアーファイナルズ2019 結果:優勝

 

術後の状態

桃田選手、記者会見で現在の目の様子を語っていました。

右目の涙袋には、手術痕が残っていますが、状態はまだ完全とはいえないまでも順調な経過のようです。

手術前に物が二重に見えていた現象が解消している
・シャトルを打つ感覚には問題がない

まだ、試合を行える状態ではないが、先月末に所属チームの練習に合流し身体を動かせるようになったところだそうです。

29日から3日間ほどチーム練習に参加して、桃田選手の状態を確認した日本代表の中西洋介男子シングルス担当コーチは、こう話してます。

「まだ(目に)圧力がかかる動きはできないので、軽く流すような、身体をほぐすようなメニューが中心でした。今は、割くらいの動き。まだ、全体練習に復帰するには、時間がかかりそうだなという印象です。3月中は、同じような調整が続くのではないかと思います。感覚は、そんなに落ちないと思うので、まずは、 試合の体力や筋持久力を戻していくこと。どこまで戻るかが心配」 出典:BIGLOBEニュース

 

復帰戦への道のりが困難

実戦に復帰できるのは、早くても5月だそうです。オリンピックに間に合うでしょうか?

復帰戦は、5月に行なわれる国別対抗戦トマス&ユーバー杯(男子はトマス杯、女子はユーバー杯)が候補だそうです。

ただし、「復帰までの道のりは、狂ってしまった」と言われています。

新型コロナの影響で、桃田選手が合流する予定のチームが帰国せず、海外を拠点として活動することになったそうです。そのチームには当然、朴柱奉ヘッドコーチ(HC)や中西コーチら代表スタッフも同行していますから、桃田選手は朴ヘッドコーチが海外合宿中の間直接のやり取りは出来ず、メールや電話でコミュニケーションを取らなければいけない状況なんだそうです。

直接の指導があったほうがいいに越したことはないでしょうが、そこは桃田選手ほどの経験と実績があれば何とかなるのではないかと素人目には思います。

 

問題は体力と勘を取り戻すこと

問題は「体力と試合勘を取り戻せるか」この2つだそうです。

そのためには、強度の高い練習を積み上げて体力を築き、

試合を積み重ねて試合勘を取り戻すというのが現時点での課題だそうです。

ですが試合数に関しては、ちょっと問題が…多くの試合をこなして試合勘を取り戻したいところですが、その試合をこなす試合自体が、現在新型コロナウイルスの影響により、中止や延期になっているという状況です。今のところ、トマス杯の中止や延期の報道はありませんが、いつ中止になるかもしれない欧州の新型コロナの状況が心配されます。(トマス杯はデンマークで行われます)

トマス杯の開催地デンマーク

トマス杯は、5月16日からデンマークで開催される予定です。

2月20日、BWF(世界バドミントン連盟)は5月16日から24日まで開催される世界国別団体戦のトマス杯・ユーバー杯(デンマーク・オーフス)の参加国・地域を発表した。男子・トマス杯、女子・ユーバー杯の出場国・地域は以下の通り。投稿日:2020/02/20(出典:バド×スピ

デンマークの現在の新型コロナウイルスの状況は、、800人以上の感染が確認されているそうです。感染抑止の対策として、国境を封鎖し3月14日からおよそ1か月間外国人の入国を禁止する措置を取ってます。

試合は5月ですが、そのころは状況が落ち着いているでしょうか?

そもそも、今オリンピック自体が開催できるかどうか非常に危ぶまれている状態ですので、そちらの方が心配です。どんなに選手が頑張ったとしても、オリンピック自体が開催されなければどうしようもありませんからね。

早く新型コロナウイルスの感染拡大が収まることを願ってます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

先日の記者会見で記者に失礼な質問をされた時の記事です

 

タイトルとURLをコピーしました