マラソンのペースメーカーの報酬っていくらもらえるの?

マラソンのペースメーカーの報酬っていくらもらえるの?

marathonスポーツ
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!

マラソンを見ているといつも気になるのが、先頭を走っているペースメーカーです!

今日はその「ぺースメーカー」に注目してみたいと思います。

 

ペースメーカとは

ペースメーカーの役割

ペースメーカーの役割は以下のようなものがあるそうです。

選手の風よけ…ペースメーカ―の後ろに就くことで選手の体力の消耗を抑える。

レースをリードする…ペースメーカには「○○㎞○○分のペース」でとある一定のスピードで先頭を走ることでレースを引っ張ります。

レースの序盤からの選手の心理戦を防ぐ…先頭集団で無駄な駆け引きをしなくて済むので、終盤に向けて体力を温存することができます

 

2020年東京マラソンのペースメーカー8人

2020年、東京マラソンでペースメーカーを務めるのは、以下の8人です。

海外のペースメーカー

ソロモン・キルワ イェゴ/KIRWA YEGO(ケニア)32歳 自己最高記録は 2:06:24。

ルベン・キプロプ/KIPROP, Reuben(ケニア)25歳 自己最高記録は 2:04:40。

ウィリアム・ワンジク/WANJIKU, William(ケニア)24歳 自己最高記録は ハーフで1:00:24。

アレクサンダー・ムティソ/MUTISO, Alexander(ケニア)23歳 自己最高記録 ハーフで1:00:11

男子は招待選手のタイムは 2 時間 21 分以内、ハーフマラソン 1 時間 01 分 00 秒以内ですから
海外のペースメーカーは招待選手(エリート選手)のレベルですね。

日本のペースメーカ

鎧坂 哲也 (よろいざかてつや 旭化成)29歳 自己最高記録 ハーフで1:03:50

國行 麗生 (くにゆき れお 大塚製薬) 24歳 自己最高記録 ハーフで1時間02分39秒

上村 和生 (うえむら かずき 大塚製薬) 26歳 自己最高記録 ハーフで1時間02分58秒

横手 健 (よこて けん 富士通)26歳 自己最高記録 ハーフで1時間01分37秒

 

ペースメーカーの報酬

ペースメーカは大会の規模にもよりますが、基本的に大きな大会では報酬が出るそうです。

特に東京マラソンなどの規模の大きな大会では、実績のある海外選手の場合だと

100万~200万円ほどだと言われています

その他かかる費用として、交通費・宿泊費・食事代などの費用も支給されるとか。

走る距離に関しては30㎞ぐらいだと言われています。

 

ペースメーカーではありませんが、大会に出場して報酬がもらえると言えば、

招待選手ですね。同じように交通費・宿泊費・食事代・出場料が支給されるんだそうです。

その他、招待選手には控え室(アップできる場所)が与えられたり、

スペシャルドリンクを置けるなどの特典もあるみたいです。

 

ペースメーカのルールでは

ペースメーカのルールでは

こんなことがあった場合でもルール違反にはならないそうです。

【1】選手がペースメーカーを抜かしても違反にはならない。

【2】ペースメーカーが最後まで走っても違反にはならない。

 

【2】は、途中から「調子が出てきたから、最後まで行くかー」

ってことになってもOKなんです。

実際に完走までした選手が過去に何人もいるんですよね。

 

完走(優勝)しちゃったペースメーカー

今まで「ペースメーカとして出場し、完走した選手」は何人もいました。

一番直近だと、

2017年 バルセロナマラソン
ペースメーカーとして出場していたジョナ・チェスム(ケニア・当時27歳)です。

当日チェムス選手は3人いるペースメーカーの1人として出場していたそうです。

32キロポイントまで先導する予定でしたが、

トップを走っていた他のペースメーカーの選手がケガでリタイアし、いなくなったそうです。

「幸運な形で勝利できるかもしれない」――。チェスムはそう感じ、完走することを決意し、見事そのまま走り切り、優勝を手にしました

タイムは2時間8分57秒という好記録でした。
チェスム選手はこれがはじめてのマラソンでした。しかも、彼は2012年のパラリンピックの陸上の選手(右手に障害)だったそうです。

2位も同じくペースメーカーとして出場していた、ヤコブ・クルイ(ケニア)が2時間9分24秒でフィニッシュしました。

 

ペースメーカーのハプニング

ペースメーカは原則、最後まで走っても違反にならないというルールがありますが、

そうはいかないケースもあるんです。

 

ペースメーカによるコーチや係員に制止されるというハプニングも起きています。

 

2004年 別府大分毎日マラソンで

ペースメーカーを務めていたサムソン・ラマダーニが、(この方前年の大会優勝者です)

途中から独走してしまい40km付近でコーチに止められるというハプニングが起こりました。

「完走してもいいはずなのになんで止められるの?」と思った方

この大会ではペースメーカーは契約上完走してはいけないことになっていたんです。

そういった契約もあるんですね。

 

2010年 福岡国際マラソンでは

エリウド・キプタヌイ(ケニア)は
ペースメーカーとして5kmを15分10秒前後のペースで30kmまで先頭集団を引っ張る契約でした。

が、15kmから急加速し独走してしまいます。

30kmを過ぎても棄権しなかったため係員に制止されてしまいました。

もちろん、契約では30㎞までとなっていたため、完走することはできませんでした。

最後に

ペースメーカーって面白いですね。

出場選手をサポートするために出ていると思いきや、

途中から自分がレースの主役になっていいなんて・・・

意外と柔軟なルールに驚きでした。

こうしたハプニングが起こると、マラソン観戦がさらに面白くなりそうです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました